「五目おこわ」ローソンのおにぎりスタイルのおこわ飯レビュー!モッチリ濃厚

おこわはウマい、誰がなんと言おうと譲れない筆者の好物、モッチリウマーなのである。特に山菜おこわなどあるならば、最高にをかし、である。

ローソンのおにぎりコーナー、に限らず、コンビニなら結構メジャーなおにぎりかもしれない。もち米を使ったシリーズの定番といえば赤飯、その隣にひっそりと目立たぬように置かれていたのが今回紹介する商品。

その名も「五目おこわ」なのだ。

地味に見えるが、なにげに色々プリントされている

丁寧に炊き上げた煮鶏と根菜の旨味と書かれた五目おこわ。

デパ地下グルメで有名な創作おこわの名店「おこわ米八監修」の文字がプリントされている。価格は税込み145円。

温めておいしいと書いてある

どうやら電子レンジで温めると更に美味しくなるらしい。一般家庭用電子レンジ、500wで30秒と書かれている。

これは好みがわかれるところで、筆者は冷たい方が味が強く出るのために、ホットよりも冷めたおこわが好きだったりする。

原材料名が書かれたラベル

裏側のラベルを見てみると、具として判明しているのは鶏肉、ニンジン、タケノコ、ゴボウといったところ。カロリーは1食あたり217kcal。

袋から取り出した、五目おこわのおにぎり

袋から中身を取り出すと、ツヤツヤでツブツブなもち米がとても綺麗で美味しそうなおこわのおにぎり。

手で二つに割ってみた

原材料名に書かれていな具として、椎茸が入っているように見えるのは気のせいか。切るともち米を潰してしまいそうなので、手で半分に割ってみた。

ひと口食べるとモチモチとしたもち米の食感が心地よく、醤油ベースの味、具材やダシの風味、鶏のコクがあってとてもバランスが取れている。中華風ではなく和風の味付けは、飽きがこず品のある味わい。

総評もち米、おこわ好きなら手に取って間違いのない商品だ。本文にも書いたが中華チマキ風ではなく、和風の味付け。
独創性や奇をてらったような珍しさはないが、オーソドックスで安心して食べられる一品。定期的に食べたくなるおにぎりだ。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA