ふんわりワッフル「カスタード&ホイップ」濃厚カスタード!レビュー

マッタリ濃厚なカスタードクリームとミルク感がフレッシュなホイップクリーム、どちらが好きかと聞かれてもそれぞれ魅力的で決められない。

そんなクリーム好きで優柔不断なスイーツ愛好家の為に開発されたと言ってもいい「ならば両方をブチ込んでしまえ!」という発想なのかどうかは知らないが、カスタードとホイップクリームがサンドされたワッフルがローソンにあった。

しかも「濃厚カスタード」と「ふわふわワッフル」、商品名は「ふんわりワッフル カスタード&ホイップ」という。

ふんわりワッフル カスタード&ホイップのパッケージ

カスタードクリームとホイップクリームの組み合わせは、シュークリームなどでも使われている組み合わせ。フレッシュなホイップとコクのあるカスタードを両方詰め込んだ贅沢なスイーツ、二つのクリームのイイとこ取り。

ネーミングもそのままズバリ、分かりやすい直球勝負。価格は税込み140円。

気になるカロリーは198kcal。

原材料の表示ラベル

上の写真で見切れてしまっているが、製造はモンテローザ。言わずと知れた洋菓子製造の大手メーカー。

カロリーは198kcalと、スイーツとしてはややおとなしめ。

袋から出したところ

袋から出すとフワッとした手触り、楕円形の2枚のワッフル。その間にホイップとカスタード、2種類のクリームがサンドされている。

端っこから顔をのぞかせているクリームに若干あざとさを感じるが、端までしっかりクリームをサンドしているのは高評価、とても魅力的なフォルムだ。ワッフル表面に見える文字……判別しにくいが「WAFFLE」のように見える。

めくるとワッフルが割れるので、半分にカット

半分にカットしてみると、中から出てきたのは白いホイップクリームと黄色いカスタードクリーム。綺麗な2層構造。

サンドしているワッフルは、空気をしっかり含んでフワフワの手触り。

なかなか食べごたえもある

食べてみると、ワッフルの甘さに負けないコクのあるクリーム感。最初にホイップのミルク、そのあとからコクのあるカスタードがマッタリと口の中に広がっていく。

ワッフルは確かにフワフワなのだが、少しボソボソ感あり。コーヒーのお供にするとバッチリだ。

総評フワフワのワッフルに、ずしっと来るダブルクリーム。それなりに食べごたえがあるので、間食に良さそうだ。
脳みそを働かせたときは、糖分の補給が大切だと死神と戦ったエロい人も言っていた。覚醒用にコーヒーとの組み合わせが良い、もちろんそれ以外でも。
カスタードとホイップの組み合わせは鉄板、ライバルはシュークリームだろう。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA