コンビニの惣菜が凄い!ローソンの「さばの塩焼き」予想を超えた完成度

シンプルイズベスト、断捨離とか何とかいわれるシンプル生活が見直されている昨今。シンプルでご飯とよく合うおかずと言えば、やはり焼き魚。塩をフリ、ただ焼いただけの魚、シンプルな料理でありながらご飯との相性は抜群なのである。

そんな焼き魚の中でも人気実力ともにトップクラス、塩鮭と双璧をなす存在が「塩さば」ではなかろうか。サバがもつ独特の風味、香りとコクをもたらすサバの脂……想像しただけでもよだれがでる。

ただ一人暮らしの食卓だと、わざわざサバを焼くのも面倒。パッと買ってサッと食べたい。そこで役に立つのがコンビニの惣菜シリーズなのだ。

今回紹介するのはローソンセレクトから発売されている「さばの塩焼き」ジューシーな味わいというキャッチフレーズがステキ!

ローソンの惣菜「さばの塩焼き」パッケージ

ローソンで見つけた「さばの塩焼き」、パッケージの写真がメチャメチャ美味しそう。思わず手が伸びてしまった。

購入価格は税込み225円、普通にスーパーで塩さばを買えば時期によってはこれくらいになる。スグに食べない場合は要冷蔵、10度以下で保存すべし。

レンジで簡単調理

調理時間は家庭用電子レンジ、500wと600wで約50秒。あっという間のお手軽調理。

温めの前に、すこし蓋を開ける

パッケージは密封されているので、調理の際、レンジへ入れる前に蓋を少し開ける必要がある。開け口と書かれたところから、蓋に描かれている点線まで開ければ準備完了。

50秒で完成

表示通り500w電子レンジで50秒加熱、しっかり温まっていて美味しそうなさばの塩焼きが完成。トレー状の容器に入っているので、このまま食べる事も可能。皿なども必要ない。

皿に移すとこんな感じ。

さすがにトレーのままだと、写真的に味気なかったので皿に移してみた。

美味しそうな焼き色の付いたサバ、脂が乗っていて染み出してきている。

裏返してみた

裏側もシッカリ焼かれているのだが、ホクホクで身がとても柔らかそう。脂が浮いてテカテカしている、しかも骨が無い!

脂がのったサバの身

これは予想を裏切る素晴らしい仕上がり、見た目は完璧。ならば味は?ということで、最も脂のりがいい腹の部分をひとくちに。

まず最高な点を言わせてもらうと、骨が完全に除去されていること。なので、ためらうことなく大ぶりの身を頬張ることが出来る。マッタリとした脂、サバの旨味と香り、程よい塩加減、骨の心配なく口いっぱいに頬張る幸せ、これはイイ。

塩サバ丼w

ご飯と一緒に食べたくなったので、どんぶりにご飯を盛ってサバをのせてみた。

これは旨い……

シッカリした塩味なのだが、しょっぱくないという絶妙の塩加減。脂ののったサバの身。ご飯と合わないはずが無く、グイグイご飯がススム。さらに米に脂が移って、これも美味しいのだ。

焼いたものをレンジ調理しているので、グリルで焼いたものとは少し食感が異なる。が、むしろ身が柔らかくふわっとなっている。仕上がりの好みは分かれるかもしれないが、マイナスにはなっていない。

総評どこからどう見ても、味わってみても、立派なさばの塩焼きだった。
レンジ調理しているので、蒸したように身が柔らかくふわっと膨らむのだが、個人的にはむしろ良い方向に作用していると思えた。
脂のりは非常に良く、塩気も絶妙の加減、独特の香りも生きていて、惣菜として我が家に常備したいレベルの商品。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA