一食分の野菜が摂れるドリンク「グリーンスムージー野菜118g」ローソン

「野菜が高くなった」最近よく聞く言葉なんだけど、実際にスーパーへ行くといい値段するんだよね。

どうせなら野菜よりもガッツリ食べごたえのあるメインに予算を使いたい、なので筆者のような貧乏人はどうしても野菜不足になりがち。野菜にはミネラルやビタミンなど、健康を保つうえで大切な栄養素がたくさん含まれているだけに、食べなきゃいけないと分かってはいるんだけども……

そんな時に便利なのがローソンの「グリーンスムージー」というドリンク、今回は1食分の野菜118gと書かれたものを買ってきた。

ローソン、グリーンスムージーのパッケージ。

ローソンからナチュラルローソンブランドで発売されているグリーンスムージー、一食分の野菜118gと一日分の野菜350gの二種類が発売されている。

今回買って来たのは1食分118gのタイプ、購入価格は税込み178円。

原材料などが書かれた製品表示。

原材料を見てみると、ケールやニンジン、セロリ、クレソン等々、実に多くの野菜が使用されている。さらに味を調えるためか、リンゴ、キウイ、レモンといったフルーツ果汁。

栄養成分表示

1本あたりのカロリーは89kcalと低カロリー、栄養成分を見ると食物繊維が多く含まれていることが分かる。

ちなみに、大塚製薬の公式サイトによると、1日に必要な食物繊維は男性20g、女性18gとなっている。

参照元:食物繊維の摂取目標量

ローソン「こだわりのポイント!」

なんと11種類もの野菜がブレンドされていて、さらに3種の果実をブレンドすることで爽やかで飲みやすく仕上げている。

青汁じゃないけれど、野菜不足を補うドリンクと言えば「う~まず~い、もういっぱい」のイメージが拭えず躊躇してしまう。しかし、フルーツをミックスすることで飲みやすくなっている事が想像できる。

一日分と一食分はここで見分けがつく。

一食分118gと、一日分350gはパッと見だと見分けがつきにくい。そもそも名前と値段、蓋の色が違うのだが、この丸で囲まれたところを見れば一目瞭然。

付属のストローで飲みやすい。

飲むときは付属のストローを伸ばし、蓋の切れ込みから刺して飲む。

中身をグラスに移してみた。

中がどうなっているのか、グラスに移してみると出てきたのは濃緑色のドロッとした液体。見た目は青汁っぽい、まずそ……いやいや、体に良さそうな色。

実際に飲んでみると、若干エグさはあるがレモンとリンゴの風味が効いていて、まずいという事は無い。ドロッとしてまとわりつくような感じ、リンゴの味が強くてレモンがさっぱり、キウイで甘くなるという感じ。

総評サクッと数十秒、しかも片手で簡単に一食分の野菜が摂れる便利アイテム。
少しエグみはあるものの、フルーティーでミックスジュースのような味。これで11種もの野菜が摂れるなら、ぜんぜんアリだろう。
後味に少し嫌な味が残るものの、慣れればむしろ美味しいと感じるようになりそうだ。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA