コンビニアレンジレシピ塩サバで「さば飯(炊き込ご飯)」が超簡単に作れる!

できれば自炊した方が良い、というのは分かっているんだけど、料理が出来ないんだからしょうがないジャン!

もちろんコンビニフリークの中にも料理は出来るけど時間が……という人がいるのは百も承知。いずれにしても手間暇かけてる余裕もなく、コンビニ弁当に甘んじている人が相当数いるはずだ。

水と醤油とサバ、めちゃめちゃ簡単

実際に料理をしようと思っても、独り身だとスーパーで食材を買ったところで使いきれないし、無駄は多いし面倒くさいし、結局材料代で高くついたりする。

料理は出来るけどしない人、そもそも料理なんてできない人、そんな人たちにおススメなのがコンビニの惣菜にひと手間かけて手料理っぽく見せてしまうコンビニアレンジ。

今回は超簡単な炊き込みご飯「さば飯」を作ってみた。

さば飯は超簡単だった!

さば飯でググってみると、そのレシピは様々。いろんな野菜をいれた炊き込みごはんだったり、ダシ昆布やらみりんやら酒やら、材料も結構買い揃えなきゃ……なんて考えたら、おっくうになってしまう。

良いレシピないかなぁと探していたら、超絶シンプルな「大和地方に伝わる鯖飯」というレシピを発見。これなら筆者のような料理下手でも大丈夫、自分流に少しアレンジして作ることにする。

参考:大和地方に伝わる鯖飯(簡単)ークックパッド

鯖飯の材料

調味料は醤油のみ、常備している人も多いはず。

材料は超絶シンプル、料理しない一人暮らしでも「米だけは炊く」という人も多いはず、ならば醤油くらいは常備しているだろう。

材料を順にあげると

  • 米1合
  • 水200cc
  • 醤油こさじ2
  • ネギ
  • ローソンセレクトの「さばの塩焼」

今回の料理で買ってきたのはネギとローソンの「さばの塩焼」だけ。一人で鍋をしたくなった時に、ディスカウントストアで購入した一人土鍋を久しぶりに出してみた。

料理の手順

洗った米に水を入れる

まず米を洗い、ザルなどで水を切ってから土鍋に入れ、200㏄の水を注ぐ。

醤油をこさじ2杯

ほんとは米に水を張って30分以上ねかせ、そこで水を切ってから200㏄の水と醤油を入れるのだが、面倒くさいのでここで醤油を投入。

そのまま30分ほど放置する。

サバを投入

米を30分ねかせたら、ローソンの「さばの塩焼」を入れる。今から炊くので温める必要なし、そのままでオッケー。

火にかけて沸騰させる。

サバを入れたらコンロにのせ、中火でゆっくり沸騰させる。蓋を開けて沸騰するのを確認し、沸いたら弱火にして蓋を閉める。

弱火でコトコト煮る。

蓋をしたら弱火、コトコトと水が沸騰する音が聞こえるので、水気が無くなりバチバチと焼ける音に変わるまで煮る。

筆者の場合は、約8分煮続けた。

炊けたぁっ!

とりあえずレシピに書かれていたことを信じ、音が変わったら10秒ほど強火にして火を消し、蒸らすこと10分。

料理などまともにやった事が無い筆者、土鍋でご飯を炊くなど初めての体験。蓋を開けてみると、外見上は上手に炊けているように見える。

心配なので、ご飯をチェック。

食べられるご飯になっているかどうか……緊張の一瞬。一口食べてみると、うめぇっ!土鍋めしうめぇっ!というくらいの仕上がり。ホッと一安心。

最後にネギをぶっこむ。

ローソンのサバは骨が無いので、混ぜご飯に最適。本来なら骨をとる作業が必要だが、ローソンなら大丈夫。そのまま身をほぐしながら混ぜ込んで、最後にネギを入れて軽く混ぜたら出来上がり。

ぶっちゃけ炊飯器でやればもっと簡単なんだけどね、なぜか土鍋でご飯を炊きたくなった。

食べてみよう

出来上がったのは米1合のご飯、茶碗に軽く2杯分といったところ。骨が無いサバは便利だよね。

上手くおこげを作れなかったのが心残り

どんな味に仕上がったのか恐る恐る食べてみると、すんごく優しい味に仕上がっていた。サバのうま味、鯖の脂由来の香り、そしてコク。ほんのり醤油とサバから出た塩味。

コンビニ弁当とかインスタントって、エッジが立ってるメリハリ系の味が多いんだけど、実際に自分で作った料理は優しい自然の味だった。

ひとつだけ上手くいかなかったのは「おこげ」をうまく作れなかったこと。もう少し弱火で炊く時間を長くしたら出来たかもしれない。

超簡単!コンビニアレンジ「さば飯」

・材料

  • 米1合
  • 水200cc
  • 醤油こさじ2
  • ネギ
  • ローソンセレクトの「さばの塩焼」

・料理手順

  1. 1合の米を洗い、水を切り、土鍋にいれる
  2. 米を入れた土鍋に水を200ccと醤油こさじ2を入れ30分置く。
  3. ローソンの「さばの塩焼」を土鍋に入れ、火にかけ中火で沸騰させる。
  4. 水が沸騰したら土鍋の蓋を閉めて弱火、音が焼ける音に変わるまで煮る。
  5. 音がバチバチと焼ける音に変わったら10秒ほど強火にして火を止め、10分蒸らす。
  6. 鯖をほぐしながらかき混ぜ、ネギを入れて軽く混ぜる。

料理が苦手でも、何とか食べられる炊き込みご飯ができたことに感動した。

関連:ローソンセレクト「さばの塩焼」レビュー記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA