ローソン「直火焼ねぎ塩豚カルビ弁当」肉タップリでコスパ高し!

あ~肉くいてぇ、毎日貧乏やっていると炭水化物比率が非常に高くなるんだけど、そんな時にふと思うんだよね。

「あぁ、肉食いてぇ……」

日米の貿易交渉だかなんだか知らないけども、牛肉の輸入関税を下げろとアメリカからよく言われている日本。貧乏人からすると、さっさと関税下げて安いアメリカンビーフを食わせろ!と思うんだけど、なかなかそういう訳には行かず、まあ、そんな時に助かるというか選択肢になるのが豚肉、旨いしボリュームあるし。

という事で今回紹介するのはローソンの弁当「直火焼ねぎ塩豚カルビ弁当」、肉食べた度に対するコスパは非常に高い。

表面を肉で覆われたお弁当

まず驚かされるのがその価格、なんと税込み399円。500円玉のワンコインでお釣りが来るという、貧乏人には有り難いお値段。

しかも肉は氷温熟成豚肉というのと使っているらしく、ご飯は食感のいいもち麦入り。安いからと言っても、ただの手抜き弁当ではないのだ。

原材料表示。

もち麦入りご飯に豚カルビ焼き肉をのせ、ねぎ入り塩だれをかけたお弁当。

価格と調理時間、カロリーがひと目で分かるラベル。

温め加熱時間は家庭用500w電子レンジで2分15秒、カロリーは546kcalだ。

加熱後、弁当を埋め尽くす肉。

我が家の電子レンジはボロなので、5秒単位の設定が出来ない。なので2分10秒の加熱だが、十分アツアツに仕上がっている。

美味しそうな豚カルビ肉。

牛肉のカルビは牛のあばらの部分だけど、豚カルビって要するに豚バラの事じゃね?と思いググってみると、やはり豚カルビとは豚バラのことだった。

ご飯はもち麦ご飯

食べた時のぷっちりモッチリした食感がいい、ご飯はもち麦入り。

肉が沢山、食べごたえのある弁当だ。

豚カルビの焼き肉に塩だれがかけられているので、ご飯との相性が非常に良い。サッパリとしてネギの風味が効いていて、豚バラの豚脂がコッテリと満腹中枢を刺激する。

肉は焼肉用スライスで程よい厚み、肉を食べてるという満足感があるし、税込み399円でこのボリューム、コストも含めた満足度は非常に高い弁当だった。

総評持った瞬間にズシッとくる重さ、一面を埋め尽くす豚カルビ焼き肉が売りの弁当。
購入時の価格は税込み399円、氷温熟成肉を使用し、ライスはもち麦ご飯、安いからと言っても手抜きは無い。
食べごたえのある豚バラ肉と、ネギが香る塩だれの相性も抜群。とてもコストパフォーマンスの高い弁当だ。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA