ローソンの「デニッシュブレッド」をトースターで焼いたらメチャメチャ旨い

最近では甘い物から具に凝ったもの、モッチリパンなど生地に拘ったものなど、様々なパンが売られているけども、なんだかんだでシンプルな食パンのトーストにバターを塗ったものが1番好きだったりする。

今回紹介するのはそんなシンプルなトーストブレッド、生地を薄く延ばしバターを練り込みながら何層にも重ねていくデニッシュ生地で作られているのが特徴。ちなみにパンはポルトガル語を語源としていて、ブレッドはドイツ語を語源とした英語、要するに同じパンの事、トーストはトースターで焼いたもの。

なにが言いたいか分からなくなってきたけど、とにかくローソンの「デニッシュブレッド」がメッチャ美味しかったというのが記事の本旨。

ローソンベーカリーのデニッシュブレッド

見た目はちょっと小ぶりの食パンのようなビジュアル、よく見ると薄い生地を何層にも重ねたデニッシュパンだという事が分かる。クロワッサンも同じような作り方だけど、食感も味も大好きなんだよね。

購入価格は3枚入りで税込み135円。

原材料などが書かれた製品表示。

バターをたっぷり練り込んだデニッシュパン、製造はコンビニパン業界の最大手、もちろん山崎製パン。

栄養成分表示。

カロリーは1包装あたり431kcal。

袋から取り出したところ

ふわっと柔らか、袋から取り出した瞬間にバターが香る。

最後の1枚はこうなっている。

一番端っこの1枚は、パンの耳の部分がそのまま残っている。普通の食パンなら硬いのだが、デニッシュ生地なので柔らかくて食べやすい。

そのまま食べてみる。

袋から取り出して、そのまま食べると優しい甘さ。バターの香りがして、何層にも薄い生地を重ねたパン特有のサクサクかんというか、噛み切るときの食感が心地いい。

口の中でもそもそしないので、焼かずに食べても普通に十分美味しい柔らかパン。

トースターで2分焼いてみた。

ただやっぱりこのパンは焼いたほうが断然美味しいわけで、自宅のオーブントースターで約2分、焦げ目がつくまで焼いてみた。

ふわふわサクサク。

バター風味のマーガリンをタップリ。

ふわふわサクサクのパンに、バターの味を真似て作ったバター風味のマーガリンをタップリの塗る。そして食べる……うめぇっ!

あまりこのブログでは「旨い」とか書かないようにしているんだけど、これはもう文句なしに美味しくて旨いと書かざるをえない。

デニッシュ生地のサクサク感、そして柔らかくふわっと残る食感、さらにバター風味のマーガリンが持つ塩気、もともと少し甘いパンなので余計に風味が際立つ。

パッケージに朝食におススメと書いてあったけれども、まさにおススメ、やっぱりトーストすると味が断然よくなるね。

ちなみに、今回使用したマーガリンはこちら。雪印メグミルクのネオソフトコクのあるバター風味。ほんとバターに近い味で、程よい塩味が絶妙なのだ。

総評そのままだとシットリして少し甘く、バターの風味を生かしたパン。
トーストしてバターを塗ると全く印象が変わり、デニッシュ生地のサクサク食感と甘さがバター風マーガリンの塩味と反応して劇的に美味しくなる。
絶対にトーストで食べてもらいたい、これは暫くハマりそうなくらい美味しかった。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA