「たこ焼きおにぎり」ローソンご当地もんにぎり大阪編!いつか出ると思ったw

大坂といえばたこ焼き。安直かもしれないけれど、こういう商品がいつか出ると思っていたら、案の定、ローソンのご当地おにぎりシリーズで登場。

たこ焼きを入れたうどんとか、そばとか、炭水化物に炭水化物をぶち込むというのは一般的に行われていて、お好み焼きをおかずにご飯を食べるのは当たり前やし、そういう文化がある街やから違和感は全くない。

という事で、今回紹介するのはローソンのご当地もんにぎり大阪編

ご当地もんにぎり大阪編 たこ焼き

たこ焼きの写真がプリントされたパッケージ

最近のローソンは値引きがされている商品が結構多くて、たこ焼きおにぎりも新発売なのに20円引き。

定価は税込み148円。

原材料などが書かれたラベル。

ご飯には紅生姜入味付け飯、そこにたこ焼きが入っている。

カロリーは1食あたり269kcal。

温めても美味しいらしい

冷たいままでも温めても美味しいおにぎり、加熱する際は家庭用500w電子レンジで30秒。

袋から出したところ

たこ焼きをおにぎりにする……どんなスタイルになっているのか気になっていたのだが、おにぎりの上にたこ焼きをのせて海苔を巻いて止めていた。

さすがに中に入れてにぎるのは難しいだろうね。

裏面は特に何もなし。

気になったので裏側を見てみたけれど、さすがにたこ焼きが貫通しているという事は無かった。

海苔をどけてみた

海苔をどけてみると、少し潰れ気味のたこ焼きが1個まるまる、めり込むように乗せられていた。

タコもバッチリ入ってる。

少し柔らかめに握られたおにぎり、ぽろぽろとほぐれていく米粒。そのまま一口食べてみると、すんげぇダシの味が効いたたこ焼き。甘辛ソースとダシ、そしてタコのうま味が強い。いわゆる冷凍たこ焼きの味。

ご飯は醤油が効いていてい、ほんのり紅生姜風味。

これはメチャメチャあうね、温めずに冷たいままの方が味を強く感じるので好みかもしれない。同じような感じで、お好み焼きライスバーガーとか作ったら、間違いなく買うやろね。

総評気をてらわず直球ど真ん中、予想通りの味、ご飯と粉物は絶対に合う。
たこ焼き自体も味がシッカリしていて、ご飯も味付け飯、甘辛いソースとの相性が良くシンプルだが完成度は高い。
ご当地もんシリーズとして、大阪らしさを非常に良く表現できていると思う。

※この記事は筆者が購入した時のものです、価格の変更や取り扱いの無い店舗があったり、終売してしまっている場合があるので注意。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA